The87th ACADEMYAWARDS 第87回 アカデミー賞 特集

長編アニメ映画賞

プレゼンターのロック様ことドウェイン・ジョンソンが「オスカーは……」というコールの後に、ゾーイ・サルダナに開封を譲るという発表を焦らす(?)ユニークな演出。これにより受賞者はワンテンポ遅れて拍手。ドン・ホール監督はゆっくりと立ち上がりクリス・ウィリアムズ監督とプロデューサーのロイ・コンリと抱き合った。登壇後はホール監督が代表して「ジョン・ラセターは最高の上司です!」と感謝を述べ、「いつかディズニーで働きたいと願った少年(=自身のこと)の夢が叶えられた!」と長年サポートしてくれた家族への謝辞で締めくくった。
(協力:WOWOW/編集:シネマトゥデイ)

『ベイマックス』

『ベイマックス』

(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.

マーベルコミックスのヒット作「BIG HERO 6」を基に、ディズニーが放つアドベンチャー。架空の都市サンフランソウキョウを舞台に、並外れた頭脳を持つ少年ヒロが、生前に兄が開発したロボットのベイマックスと一緒に死の真相を暴こうとする。メガホンを取るのは、『くまのプーさん』のドン・ホールと『ボルト』のクリス・ウィリアムズ。随所にちりばめられた日本のカルチャーへのオマージュに加えて、白くて大きな体を持つベイマックスの愛らしさにも注目。

  • 作品詳細を見る
  • 予告編を見る

『ザ・ボックストロールズ(原題) / The Boxtrolls』

『ザ・ボックストロールズ(原題) / The Boxtrolls』

(C) Focus Features / Photofest / ゲッティ イメージズ

アカデミー賞にノミネートされた2作『コララインとボタンの魔女 3D』(2009)、『パラノーマン ブライス・ホローの謎』(2012)でストップモーションアニメの名スタジオとして広く知られるようになった、アメリカのライカ社製作の長編アニメーション。原作はアラン・スノウによる児童文学「Here Be Monsters!」。ビクトリア王朝時代のイギリス、ガラクタを集めて地下で暮らしているトロール(妖精)は夜な夜な子供たちを誘拐すると恐れられていた。街では害虫駆除が始まり、トロールに育てられた人間の少年エッグスが彼らの街を守るために立ち上がる。声の出演は、エル・ファニング、ベン・キングズレーら。

『ヒックとドラゴン2(仮題)』

『ヒックとドラゴン2(仮題)』

(C) Twentieth Century Fox Film Corporation / Photofest / ゲッティ イメージズ

2010年にヒットしたドリームワークス製作のアニメーション『ヒックとドラゴン』の続編。原作は英国の児童文学作家クレシッダ・コーウェルの同名小説で、ドラゴンのトゥースと少年ヒックが出会ってから5年後の世界が描かれている。ヒックとトゥースが未開の地を探検していると、たくさんの野生のドラゴンたちが暮らす氷の洞窟を発見する。そこにはドラゴという名の支配者がいた……。アメリカでは大ヒットを記録し、ゴールデン・グローブ賞では『ベイマックス』を抑えてアニメーション作品賞を受賞。声の出演にはジェイ・バルシェル、ジェラルド・バトラーら前作のキャストに加え、ケイト・ブランシェットも参加。

『ソング・オブ・ザ・シー(原題) / Song of the Sea』

『ソング・オブ・ザ・シー(原題) / Song of the Sea』

(C) Everett Collection/アフロ

アイルランドのケルト民話を基にしたファンタジー作品。監督は『ブレンダンとケルズの秘密』(2009)でも同賞にノミネート経験があるアイルランドのアニメーション作家トム・ムーア。普段は人間の姿をしているが海に入るとアシカへと姿を変える海の妖精セルキーを母に持つ少年ベン。彼の妹シアーシャもまた、セルキーだった……。声の出演は『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』などのマッドアイ・ムーディ役で知られるアイルランド人俳優ブレンダン・グリーソン、テレビドラマ「LOST」などのフィオヌラ・フラナガンら。アニメのアカデミー賞と呼ばれるアニー賞でも多数の部門にノミネートされている。

『かぐや姫の物語』

『かぐや姫の物語』

(C) 2013 畑事務所・GNDHDDTK

数々の傑作を生み出してきたスタジオジブリの巨匠、高畑勲監督が手掛けた劇場アニメ。日本で最も古い物語といわれる「竹取物語」を題材に、かぐや姫はどうして地球に生まれやがて月へ帰っていったのか、知られざるかぐや姫の心情と謎めいた運命の物語を水彩画のようなタッチで描く。声優陣には、ヒロインかぐや姫にテレビドラマ「とめはねっ! 鈴里高校書道部」などの朝倉あき、その幼なじみを高良健吾が務めるほか、地井武男、宮本信子など多彩な面々がそろう。

  • 作品詳細を見る

PR

facebookでも最新情報をチェックしよう!

TOHO CINEMAS × ぴあ × WOWOW特別企画 アカデミー賞を、みんなで語ろう!豪華商品が当たるキャンペーン

Yahoo!プレミアム会員特典 上映中作品割引き

ページの先頭へ戻る