掲載期間:2016年2月15日~3月14日

第88回2016年アカデミー賞

部門別ノミネート作品アカデミー賞は作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞をはじめ全24部門からなります。2016年オスカー像は誰の手に…!?

作品賞- ノミネート8作品

作品賞受賞

受賞発表の様子......

プレゼンターは名優モーガン・フリーマン。『スポットライト』との発表を耳にし、一斉に立ち上がった関係者たち。俳優のマイケル・キートンは、ステージに向かいながら右手で力強くガッツポーズ。壇上ではプロデューサーのマイケル・シュガーが開口一番「ありがとう!」と礼を述べると同時に、「ワォ!」と喜び&驚きの声。一呼吸置いて「これは(事件の)被害者たちに声を上げる機会をもたらした作品。その声をさらに広げてくれるのがアカデミー賞です。彼らの声がバチカンにまで届くことを願う。ありがとうございました」とスピーチした。さらに製作陣の女性たちが実在の記者たちの英断を称え、「完璧なアンサンブルがあるとすれば、本作のキャストたち」と俳優・女優賞を逃したキャストたちをねぎらった。そして司会のクリス・ロックが、(授賞式の途中でセレブに購入を募った)ガールスカウトの箱入りお菓子を手に壇上へ。フリーマンとキートンは、そのお菓子に手を伸ばし、壇上でムシャムシャと頬張るユニークな一幕もあった。

(協力:WOWOW/文・南樹里)

(C) 2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
作品賞 監督賞 助演男優賞 脚色賞 編集賞
リーマンショック以前に経済破綻の可能性に気付いた金融マンたちの実話を、クリスチャン・ベイルやブラッド・ピットといった豪華キャストで描く社会派ドラマ。サブプライムローンのリスクを察知した個性的な金融トレーダーらが、ウォール街を出し抜こうと図るさまを映し出す。クリスチャンとブラッドに加え、スティーヴ・カレル、ライアン・ゴズリングも出演。『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』などのアダム・マッケイがメガホンを取る。痛快なストーリーと、ハリウッドを代表する4人の男優の競演が見どころ。 作品詳細はこちら
(C) Twentieth Century Fox Film Corporation and DreamWorks II Distribution Co.
作品賞 助演男優賞 脚本賞 美術賞 録音賞 作曲賞
『ターミナル』以来のタッグとなる、スティーヴン・スピルバーグ監督と名優トム・ハンクスによるサスペンス大作。東西冷戦下の1960年に実際に起きた、ソ連によるアメリカ偵察機撃墜事件“U-2撃墜事件”の舞台裏に迫る。『ノーカントリー』で第80回アカデミー賞監督賞を受賞したジョエル&イーサン・コーエンが脚本を担当。一介の弁護士が挑む実現不可能と思われた作戦で、思いがけないアプローチを試みる姿に意表を突かれる。 作品詳細はこちら
(C) 2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
作品賞 主演女優賞 脚色賞
『わたしは生きていける』などのシアーシャ・ローナンを主演に迎え、アイルランドからニューヨークに移住した女性の青春の日々を映すドラマ。アイルランドの片田舎から大都会のニューヨークにやって来たヒロインが、戸惑いながらも自らの宿命と愛に身を任せる姿に迫る。『パディントン』のジュリー・ウォルターズやジム・ブロードベントらベテラン俳優らが共演。二つの国と二人の男性の間で引き裂かれていくヒロインの成長物語が胸に響く。 作品詳細はこちら
(C) 2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
作品賞 監督賞 撮影賞 美術賞 編集賞 衣装デザイン賞 視覚効果賞 録音賞 音響編集賞 メイクアップ・ヘアスタイリング賞
荒廃した近未来を舞台に妻子を暴走族に殺された男の壮絶な復讐(ふくしゅう)劇を描き、主演のメル・ギブソンの出世作となった『マッドマックス』シリーズ第4弾。同シリーズの生みの親であるジョージ・ミラーが再びメガホンを取り、主役を『ダークナイト ライジング』などのトム・ハーディが受け継ぐ。共演にはオスカー女優シャーリーズ・セロン、『ウォーム・ボディーズ』などのニコラス・ホルト、1作目で暴走族のボスを演じたヒュー・キース・バーンら多彩な顔ぶれが集結。 作品詳細はこちら
(C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
作品賞 主演男優賞 脚色賞 美術賞 視覚効果賞 録音賞 音響編集賞
『グラディエーター』などのリドリー・スコットがメガホンを取り、『ボーン』シリーズなどのマット・デイモンが火星に取り残された宇宙飛行士を演じるSFアドベンチャー。火星で死亡したと思われた宇宙飛行士が実は生きていることが発覚、主人公の必死のサバイバルと彼を助けようとするNASAや乗組員たちの奮闘が描かれる。共演は、『ゼロ・ダーク・サーティ』などのジェシカ・チャステインや『LIFE!/ライフ』などのクリステン・ウィグなど。スコット監督による壮大なビジュアルや感動的なストーリーに注目。 作品詳細はこちら
(C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
作品賞 監督賞 主演男優賞 助演男優賞 撮影賞 美術賞 編集賞 衣装デザイン賞 視覚効果賞 録音賞 音響編集賞 メイクアップ・ヘアスタイリング賞
レオナルド・ディカプリオと、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などのアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督がタッグを組んだ話題作。狩猟中に瀕死(ひんし)の重傷を負ったハンターが、自分を荒野に置き去りにした仲間に復讐(ふくしゅう)するため壮絶なサバイバルを繰り広げるさまを描く。主人公の宿敵には、『インセプション』でディカプリオと共演しているトム・ハーディ。オスカー常連のカメラマン、エマニュエル・ルベツキが自然光のみで撮り上げた臨場感あふれる映像にも注目。 作品詳細はこちら
(C) ElementPictures / RoomProductionsInc / ChannelFourTelevisionCorporation2015
作品賞 監督賞 主演女優賞 脚色賞
エマ・ドナヒューの小説「部屋」を、『FRANK -フランク-』などのレニー・アブラハムソン監督が映画化。7年間も密室に監禁された女性が、そこで生まれ育った5歳の息子のため命懸けで脱出に挑み、長い間世間から隔絶されていた彼らが社会に適応していく過程を描く。主演は、『ショート・ターム』などのブリー・ラーソン。生まれて初めて外の世界に触れた息子の戸惑いを、子役のジェイコブ・トレンブレイがみずみずしく演じる。 作品詳細はこちら
Photo by Kerry Hayes (C) 2015 SPOTLIGHT FILM
作品賞 監督賞 助演男優賞 助演女優賞 脚本賞 編集賞
アメリカの新聞「The Boston Globe」の記者たちが、カトリック教会の醜聞を暴いた実話を基に描くスリリングな社会派ドラマ。カトリック系住民が多いボストンで、神父による児童への性的虐待事件を暴露した新聞記者らの困惑と共に、次々と明らかになる衝撃の真実を描き出す。『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などのマイケル・キートンが記者を好演。複雑に絡み合う事件の根の深さに慄然(りつぜん)とする。 作品詳細はこちら

名作映画無料配信

戦場のピアニスト
第75回アカデミー賞:監督賞・脚色賞・主演男優賞受賞作品

名作無料映画をもっと見る