掲載期間:2021年3月16日~5月9日

第93回2021年アカデミー賞特集

導かれる先は究極の高みか、地獄か。 映画『セッション』<本編無料配信>

この映画は、全てにおいて度を越している。
主人公ニーマンは、ドラムやりすぎ。
副主人公の音楽教師フレッチャーも、スパルタすぎ。
デイミアン・チャゼル監督も、1つのテーマをしつこく描きすぎ。

Sony Pictures Classics / Photofest / ゲッティ イメージズ

......でもふと、「引いた」立ち位置で観ている自分が恥ずかしくなる瞬間がある。

パワハラ、SMばりの狂気的な関係、とにかく異常でドン引きな状況が繰り広げられるのだが、そのぐちゃぐちゃの中で実はとても純度の高い、とても大きな結晶が結実している。

「やりすぎだよ」とたしなめたり慰めたりしている側が、実はすっかり置いていかれてしまって、ドロドロの沼に没入していたはずの人たちが、すっかり手の届かない高みに駆け上ってしまう。

「スローライフ」「ありのままで」「頑張らなくてもいい」といった風潮に戸惑いを感じる人にとっては、この映画『セッション』は、昔のスポコン根性を思い出させる良作となるかもしれない。

Sony Pictures Classics / Photofest / ゲッティ イメージズ

カフェオレ持参のハイキング気分では、いつまでたってもエベレストは登れない。登れないんだよ。
この映画で脚本を書き好評を得て、その後『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞を獲得するデイミアン・チャゼル監督が、画面の向こうから無言でささやいているような気がした。

Sony Pictures Classics / Photofest / ゲッティ イメージズ

『セッション』GYAO!にて無料配信中
(5月11日(火)まで)

ポプコニスト アカリ

その他の今年の見どころ記事

今年の見どころをもっと見る

アカデミー賞授賞式は4月26日午前9時(日本時間)

フォトギャラリー

無料の名作映画

アカデミー賞過去受賞・ノミネート作品の名作映画
アカデミー賞特集 受賞作レンタル
アカデミー賞特集 映画診断