掲載期間:2021年3月16日~5月9日

第93回2021年アカデミー賞特集

【速報】第93回アカデミー賞受賞結果! 話題作多数の今年度オスカーを制したのは!?

BANGER!!!

Getty Images

第93回アカデミー賞授賞式が、現地時間2021年4月25日(日)米ハリウッドのドルビー・シアターで行われ、フランシス・マクドーマンド主演作品『ノマドランド』(大ヒット上映中)が作品賞を受賞した。また、監督賞も『ノマドランド』のクロエ・ジャオが受賞し、アジア系女性監督初受賞の快挙。主演を演じたマクドーマンドは、自身3度目となる主演女優賞に輝いた!

Getty Images

作品賞をはじめ6部門でノミネートされていたアンソニー・ホプキンス主演最新作『ファーザー』(2021年5月全国公開)は脚色賞に輝き、ホプキンスは30年ぶりに主演男優賞を受賞した。

最多10部門ノミネートで話題を呼んだデヴィッド・フィンチャー監督×ゲイリー・オールドマン主演Netflix映画『Mank/マンク』は、撮影賞、美術賞を受賞。同作の美術を手がけたドナルド・グレアム・バートは『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(2008年)以来、2度目の美術賞受賞となった。

故チャドウィック・ボーズマンの遺作『マ・レイニーのブラックボトム』は、衣装デザイン賞とメイクアップ&ヘアスタイリング賞をW受賞。

大作映画揃いの激戦を繰り広げた編集賞を制したのは、『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』、同作は音響賞も受賞した。作曲賞を受賞した『ソウルフル・ワールド』(2020年)で作曲を担当した米ロック・バンド、ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーと共同制作者のアッティカス・ロスは、『ソーシャル・ネットワーク』(2010年)以来となる受賞となった。

2021年9月全国公開のマッツ・ミケルセン主演最新作『アナザーラウンド』は、国際長編映画賞を受賞! 2020年コロナ禍の中劇場公開され、世界興行収入300億円を突破したクリストファー・ノーラン監督作品『TENET テネット』は、視覚効果賞を受賞した。

1960年代アメリカのブラックパンサー党を取り巻く陰謀を描いた実録サスペンス『ユダ・アンド・ザ・ブラック・メサイア(原題)』(日本公開未定)のダニエル・カルーヤは助演男優賞を受賞。フレッド・ハンプトンを演じたカルーヤは、ゴールデン・グローブ賞、英国アカデミー賞、全米映画俳優組合賞でも助演男優賞を受賞しており、賞レースを席巻! 助演女優賞は、『ミナリ』のユン・ヨジョンが受賞し、韓国人俳優初の受賞となった。

文:BANGER!!! ニュース編集部

その他の今年の見どころ記事

今年の見どころをもっと見る

アカデミー賞授賞式は4月26日午前9時(日本時間)

フォトギャラリー

無料の名作映画

アカデミー賞過去受賞・ノミネート作品の名作映画
アカデミー賞特集 受賞作レンタル
アカデミー賞特集 映画診断