掲載期間:2019年1月17日~3月20日

第91回2019年アカデミー賞特集

前代未聞の結果が待ち受けているかもしれないアカデミー賞レース

授賞式まで残り1カ月を切ったアカデミー賞の行方が混沌(こんとん)としています。毎年、この時期には「本命vs.対抗馬」という図式がはっきりと見えるのですが、今年はどの作品が栄冠を手にするのか、まったく予測できない展開となっているのです。オスカーを占う前哨戦の中でも、特に重要視されるゴールデン・グローブ賞、全米製作者組合賞(PGA)、全米映画俳優組合賞(SAG)の受賞結果を振り返りながら、作品賞を展望していきます。まずは、過去5年間のアカデミー賞受賞作と前哨戦の結果を確認しましょう。

(C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

■過去5年の作品賞受賞作と前哨戦結果
・第90回『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017年)
-全米製作者組合賞(PGA)受賞
・第89回『ムーンライト』(2016年)
-ゴールデン・グローブ賞(ドラマ部門)受賞
・第88回『スポットライト 世紀のスクープ』(2015年)
-全米映画俳優組合賞(SAG)受賞
・第87回『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2014年)
-全米映画俳優組合賞(SAG)受賞
-全米製作者組合賞(PGA)受賞
・第86回『それでも夜は明ける』(2013年)
-ゴールデン・グローブ賞(ドラマ部門)受賞
-全米製作者組合賞(PGA)受賞

最重要のゴールデン・グローブ賞、全米製作者組合賞(PGA)、全米映画俳優組合賞(SAG)のいずれかを獲得した作品が、アカデミー賞まで駆け上がったことが分かります。前哨戦の結果からある程度は作品賞の本命もうっすらと見えてくる傾向があるのです。では、今年は?

■重要視される前哨戦の受賞結果
・『ボヘミアン・ラプソディ』
-ゴールデン・グローブ賞(ドラマ部門)受賞
・『グリーンブック』
-ゴールデン・グローブ賞(ミュージカル/コメディ部門)受賞
-全米製作者組合賞(PGA)受賞
・『ブラックパンサー』
-全米映画俳優組合賞(SAG)受賞

じつは、この3作品が作品賞の最有力と言い切れない事情もあるのです。保守的と言われるアカデミー会員が、アメコミ映画として史上初の作品賞ノミネートを果たした『ブラックパンサー』やブライアン・シンガー監督が途中降板した『ボヘミアン・ラプソディ』に票を投じるのか疑問が残ります。また、ゴールデン・グローブ賞と全米映画俳優組合賞(SAG)の今回の結果は、ハリウッドでは驚きの結果と受け入れられてもいるのです。

(C) 2018 Twentieth Century Fox

残る作品の『グリーンブック』にもネガティブな要素があります。確かに、アカデミー賞への最短ルートとされるトロント国際映画祭の観客賞を受賞し、前哨戦でも結果を残しているので、大本命であってもおかしくないでしょう。しかし、アカデミー賞の作品賞は監督賞(ノミネートも含む)と重なるケースが多く、そのデータを当てはめると、『グリーンブック』のメガホンを取ったピーター・ファレリー監督が最終候補から漏れたことが事態をややこしくしています。最近では、監督の過去のセクハラが報じられるなど、作品を取り巻く状況にも暗雲が立ち込めているのです。とはいっても、2012年の作品賞『アルゴ』は、ベン・アフレックが監督賞でのノミネートを逃して、受賞した例もあります......。

(C) 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

それでは、3作品以外にも目を向けましょう。最多10部門でノミネートされたメキシコ映画『ROMA/ローマ』は、作品賞と外国語映画賞の両方に選ばれています。しかし、作品賞と外国語映画賞でノミネートされた作品は過去5回あり、いずれも外国語映画賞の方を受賞して、作品賞は逃しています(今回、両方の作品部門を受賞したら史上初の快挙)。アカデミー会員が、劇場公開を前提としていない動画配信サービスNetflixの『ROMA/ローマ』に対して、どのような評価を下すかも未知数です。

となると、残る4作の『ブラック・クランズマン』『女王陛下のお気に入り』『アリー/ スター誕生』『バイス』までも受賞の可能性が広がると考えられそうです。このように、過去のデータやジンクスが通用しない可能性を秘めている今年のオスカーレースは、さっぱり読めない空前の大混戦となっているのです。2月25日(日本時間)に開かれる授賞式では、前代未聞の結果が待ち受けているかもしれません。

記事:Yahoo!映画

その他の今年の見どころ記事

今年の見どころをもっと見る

アカデミー賞授賞式は2月25日午前10時(日本時間)

Yahoo!映画の公式ツイッターのフォローで、ノミネート発表・受賞発表リアルタイムで速報投稿予定!

セレブの変化

更新日時

無料の名作映画

アカデミー賞過去受賞・ノミネート作品の名作映画

ニュース・結果速報