掲載期間:2019年1月17日~3月20日

第91回2019年アカデミー賞特集

Netflix発の映画がアカデミー賞を獲得したら何が変わる?

 アカデミー賞授賞式でもラストに発表されるメインの賞でありながら、じつはサプライズも多く、予断を許さないのが、作品賞である。一昨年の授賞式では封筒の受け渡しミスで『ラ・ラ・ランド』から『ムーンライト』に訂正されるアクシデントがあったが、この時も『ラ・ラ・ランド』なら「順当」と思われた結果が、『ムーンライト』が「逆転」したことで、さらに劇的な幕切れとなった。

写真:ロイター/アフロ

■作品賞は厳しい状況の『ボヘミアン・ラプソディ』

 こうして、しばしば予想を覆す結果になるのは、作品賞のみ集計法が異なるためで、他の部門はアカデミー会員が1人(1作)に投票するのに対し、作品賞のみ順位をつけて(今年の場合は8作なので1~8位)、1位の数が最も少ない作品とひとつずつ削られていく、複雑な集計法をとっているから。賞レースの流れに従って票が集まりやすい他部門に比べ、結果を予想するのは難しい。だからこそ、楽しみも大きいのである。

 今年の作品賞ノミネート8作のうち、とくに日本で大きな期待がかかっているのは『ボヘミアン・ラプソディ』だが、ゴールデン・グローブ賞で作品賞(ドラマ部門)を受賞したとはいえ、ブライアン・シンガー監督への性的暴行告発の余波はアカデミー会員に影響を与え、そもそも作品賞ほどの高い評判はえておらず、受賞は現実的には厳しい状況だ。

(C) 2018 Twentieth Century Fox

■本命『ROMA/ローマ』、二番手『グリーンブック』

 今年の作品賞は早くから「例年になく本命不在の混戦」と言われてきたが、ここへきて多くの予想を見ると、トップランナーを行くのは『ROMA/ローマ』に絞られてきた。最多10部門ノミネートを果たし、配信のNetflixは同社初のオスカー獲得を目指して、かつてないキャンペーンを繰り広げてきた。『ROMA/ローマ』は外国語映画賞にもノミネートされているが、過去に両部門を制した作品はない。外国語であること、ストリーミング(配信)会社の作品であることなど、前例のない条件がそろう『ROMA/ローマ』だが、格調の高さや、人種や家族のあり方などさまざまな「多様性」を描くテーマなど、アカデミー賞にふさわしい要素には事欠かない。

 二番手で追うのが『グリーンブック』。同作は全米製作者組合賞(PGA)の最高賞に輝き、PGAの過去29回の結果をながめると、同賞受賞の21作がそのままアカデミー賞作品賞につながっている。しかし『グリーンブック』はアカデミー賞で監督賞にノミネートされておらず、その点が作品賞受賞へのハードルを上げている。とはいえ、同じく監督賞ノミネートから漏れ、作品賞に輝いた6年前の『アルゴ』もPGAは受賞しており、『グリーンブック』も同じ道をたどるかもしれない。人種を超えた友情という作品のテーマも申し分ないのだが、軽やかなエンタメ的作りを投票者がどうとらえるかがカギになりそうだ。

(C) 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

■『ROMA/ローマ』が作品賞を受賞した場合には

 その他の作品賞ノミネート作でも「大逆転」の可能性をわずかに秘めているのが、人種問題に鮮烈に切り込んだ『ブラック・クランズマン』あたり。実際に予想で3番手にランクさせている記事も目につく。しかしこちらも監督のスパイク・リーが以前にオスカー批判をした事実を記憶する人も多く、会員のダイバーシティ化を図りつつも、まだまだ保守勢力の強いアカデミーでは不利な状況ではある。こうした保守的考えは、Netflixにも足かせになる。劇場公開ではなく、配信をメインにした同社の『ROMA/ローマ』を、作品として高評価しながらも、どこか割り切れない矛盾を抱える会員もいるはず。作品賞のトップに推すか、ある程度の順位で投票するか。今年の場合は、各会員の微妙なさじ加減が大勢を変えるかもしれない。ただ、そもそも全会員が作品賞ノミネートの全作品をしっかり観ているかどうかも定かではなく、「流れ」で判断される部分も多いのが、アカデミー賞なのである。

 その流れに乗って『ROMA/ローマ』がスムーズに作品賞に到達した場合、今後、Netflixが賞レースを狙った作家性、社会性の強い作品の製作を加速させるのは間違いない。『ROMA/ローマ』の場合も、他のスタジオでゴーサインが出なかった企画を Netflixが受け入れたのだ。2018年もコーエン兄弟監督やポール・グリーングラス監督などの野心的プロジェクトを実現させ、今年は製作費も巨額であるマーティン・スコセッシ監督の新作をNetflixは製作・配信。これまで劇場公開には消極的だったNetflixが、同作の公開を前向きに検討するなど、その姿勢にも変化が出始めた。劇場側との「歩み寄り」によって、さらに今後、賞レースでも他のスタジオ作品と肩を並べやすくなるし、『ROMA/ローマ』のオスカー獲得は、劇場公開しない作品をコンペに入れないカンヌ国際映画祭にも影響を与えるはずだ。

Netflixオリジナル映画『ROMA/ローマ』独占配信中

■最後を飾る作品賞発表は例年以上の注目度

 2018年3月には、あのスティーヴン・スピルバーグが、「スクリーンで上映されることを想定しないストリーミング作品は、アカデミー賞ではなくテレビのエミー賞の対象になるべき」とコメントしたように、まだまだストリーミング作品と賞レースの関わりは議論を呼ぶだろう。今回、『ROMA/ローマ』が受賞するかどうかは、今後のハリウッドの勢力図が大きく変わる、ひとつのきっかけになるわけで、授賞式の最後を飾る作品賞発表には例年以上に注目が集まっている。

文:斉藤博昭

その他の今年の見どころ記事

今年の見どころをもっと見る

アカデミー賞授賞式は2月25日午前10時(日本時間)

Yahoo!映画の公式ツイッターのフォローで、ノミネート発表・受賞発表リアルタイムで速報投稿予定!

フォトギャラリー

無料の名作映画

アカデミー賞過去受賞・ノミネート作品の名作映画

ニュース・結果速報